2007年01月24日

工場ブログ

SHOKO正面.jpg  

「公私混同はしてはならん!」これは親父の経営理念。
俺も混ぜこぜにはしたくないのだけれど、工場ブログを立ち上げたのでちょっとだけ宣伝させてくださいね。

Matiomalo工場ということで紹介させてもらっているのですが、これはとあるメーカーをもじったものね。MをNに替えると分かる。つまりそこのメーカー製品を主力に製造している工場なんだ。

今年から俺はこのMatiomalo工場で働き始めたのだけれど、さっそく社員募集の号令がかかった。でかい工場ではないから何十人もということではないけれど、ものづくりに興味がある方はよろしくであります。

朝礼.jpg  SHOKO庭.jpg
posted by Johnny-Dee at 20:25| Comment(8) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月23日

ROCKするとき

加賀廣.jpg

焼き鳥屋でセッションしたあとラーメン屋でジャムった!
あがいて、もがいて、おどけて、ふざけて、にやけて、まじめにブッ放す。
そういう仲間と飲む酒はうまい! 
明日を感じる。元気をもらえる。
ツバメヤBABY!! ありがとう♪
posted by Johnny-Dee at 18:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月15日

箱庭

momo.jpg

仕事場は箱庭と似ているのかもしれない。そこに足を踏み入れると出口がなかなか見つからないのだ。頑張って歩き続けても塀にゴツンとぶつかる。やっと見つけた出口の向こう側は浮世が広がっている。けれども次の日になれば自分を覆い隠してまた箱庭に入るのだ。そんな場所のどこに人を感動させるものがあるのだろうか。ならばいっそのこと箱庭を壊してしまえばいい。壁をなくせば浮世とつながる。浮世には鬼もいるが心もある。
posted by Johnny-Dee at 19:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月14日

チーム

少年達が互いのゴールに向かって走る。接触プレイの中で一瞬視界からボールが消える。「上だ!」気づいた誰かが大きな声でさけぶ。その声にいち早く反応した少年がボールを自分の足下におさめて、まだ誰もネットを揺らしていないゴールへ向かってドリブルをはじめる。
これが親父になると息が上がって声が出せない。気がついてはいるのだが自分より若い選手に「走れよ!」と先に怒鳴られてばかり。しかしそれがチームというものなのだろうね。
posted by Johnny-Dee at 17:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月13日

北風

ピープーと不安の声を北風が運んでくる。けれど冷たい風の中では誰もが重ね着をしていてその声は真実か嘘かはわからない。それでも暖かい日差しを浴びればつくしの芽はぬくぬくと地表に顔を出してくる。冷たい風の中で春の訪れを待っているのだ。不安は期待の裏返し。
posted by Johnny-Dee at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月09日

ipodなの?

ipod nano.jpg
息子はお年玉でipod nanoを買った。現在販売中の第二世代はちょっと高価なので第一世代のnanoをApple storeから購入した。ここには整備済製品という古い製品が割引価格でネット販売されているのだ。

初めてのPCがMac(黒マックと呼ばれていたPaforma5420。当時すでにラジオもTVチューナもついていた優れもの)だった俺はMac党。
今のMacにはiTunesというソフトがインストールされているので、即音楽をダウンロードしてipodに同期させることが出来るのだ。ところが新年早々なんと我が家の主力マシンPower Mac G5のハードディスクが飛んでしまった。今年は前途多難なのではなかろうか。W

そこでPower book G4(お仕事&プライベートの俺専用器)に接続することにした。ただ俺専用器はキッズ用のセキュリティー設定をしていないので、インターネット上の数えきれないくらいあるえげつないページの閲覧がいくらでも出来てしまう。大人の俺にはそういう趣味は最近あまり無いのだが、思春期の小僧には刺激が強すぎるよね。W

カセットテープ時代からウォークマンというたぐいの物はまったく手にした事がないで、携帯できるこの手の機器はあまり詳しくないのだが、こやつ(ipod nano)の高性能ぶりにはおったまげた!
超小さい(名刺よりちょっと大きいくらいで携帯電話より遥かに薄い)くせに音がすこぶる良い。そして単に音楽を記憶させて再生するだけでなく、画像をはじめパソコンデータの出し入れが出来るのだ。近年レコードというものを見かけなくなったように、次はCDがそういう運命を辿るかもしれないね。

ちなみにうちの小僧はブルース・ブラザースとレッチリをさっそくipodに同期させとった。

ipod nano3.jpg

息子には先日ミニビリヤード(ナインボール)で負かされてしまうし、このままだとイントロ曲名当てでも勝負にならなくなりそうで、思い立ったように一瞬亥のごとくギターを練習する俺でありました。
posted by Johnny-Dee at 14:58| Comment(4) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月01日

亥志士

亥迎春.jpg

幕末志士占い


俺は久坂玄瑞タイプでした。

「久坂玄瑞さんのあなたは、勝気で負けず嫌いな不屈のファイター。おかしな理屈を並べたり、筋の通らない話を強引に押し進めようとする人がいると、それが先輩や上司であっても、ハッキリと意見をするタイプです。中にはあなたのことを生意気だと言う人がいるもしれませんが、悪いことは悪いと言えるあなたに、喝采を送っている人も多いはず。トラブルにも大胆かつ積極的に取り組んでいくため、なにかと頼りにされることが多いでしょう。ですが、この豪快さの裏側には、意外なほどの繊細さが隠れています。特に恋愛面では、臆病とも言えるほどの照れ屋さん。変に身構えたりせず、そのままのあなたを出してみて。」


敵を多くつくりそうだなぁ。
女子衆にはめっぽう弱いのは確かに。
せいぜい頼りにされるように精進しよう!
posted by Johnny-Dee at 23:28| Comment(18) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。