2007年03月31日

ゴロゴロゴロ

SSS.jpg

「気楽な人生にトボケた面がふとした弾みで転がるものさ。」

これはオリジナル曲の出だし部分の歌詞。
何年も前に書いた詩に、今年なんとなく弾いていたギターフレーズを合わせたら、ちょいといい感じになったので、先々週の音楽イベントで披露しちゃった。

トウシロのロックバンドを結成している。
演奏はもっぱらオリジナル曲。
それはコピー(真似る)が苦手だからという理由もあるのだけれど、本当のところはコピーには自分の気持ちが込められないからなんだ。

はじめて曲をつくったのは高校生の時だった。曲名は「気分はレッドゾーン!」当時のドラマーがカセットテープに口ずさんで録音してきたものをギターで弾いてつくった。共作だね。
その一曲のために皆で山梨県河口湖畔で合宿までしたこともある。
それから俺は曲づくりの面白さに取り憑かれて行くことになった。

それまではKISSなどハードロック系を中心に聴いていたものが、段々と歌詞を重要視しているアーティストに傾いて行くのもこの時期かな。
俺はどこから見てもどうしてもかなりの日本人なので英語力は皆無(洋画は字幕を読まないと???だもの。ちゃんと勉強しておかなかったつけだ)。だから英語の歌詞はハートに直接ガツーン!と響いて来ない。それで自然に忌野清志郎、泉谷しげる、憂歌団、そしてブルーハーツといったアーティストを聴くようになったんだ。
この人たちの根底にあるのは誰にもマネの出来ない己に対する素直な心。だと思う。

近年はラップ系やフォーク系のアーティストが多く登場されて、言葉の使い方はとても巧みになってきていると思うんだ。
Def Techなんて超かっこいい。森山直太郎も好きだ。ちゃんと歌詞(メッセージ)を伝えてくれるしね。

俺たちのバンドはKIRAM COMMANDO(キラム コマンドー)という。
息子が俺に聞く。「父ちゃん達のバンドのジャンルは何?」
「俺もわからねぇ。」
感じたままにやっているからROCK BANDだと主張はするけれどジャンルは分からない。
それに昨年バンド活動を再開してから、音に言葉をのせるというよりは、言葉を生かす音づくりがいいのかもしれないと感じているから、ますますジャンルは特定出来ない。
それなら“子供から大人まで楽しめるR&Rばんど”なんてどうだろう?とふと思ったんだ。この春に小学3年生になる小さなファンもいるし。W

KIRAM COMMANDO@J.jpg



次ぎのライブではもっと巧みに、もっと痛快に、あれれ?っと劇的に、ちょろっとかわいく転がってみたいと思ったりしている。
ゴロゴロゴロ コロコロコロ・・・
だるまさんを転がせ!
posted by Johnny-Dee at 06:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月30日

エトセトラ

色々とは違う違う、ETCだよ。
ETC=Electronic Toll Collection System。
便利だね。

プライベートではカーナビもETCもCDプレイヤーも搭載していない車に乗ってきている。そんな車環境でずっと過ごして来たから、料金所を通過する時に劇的な稲妻が走ったよ。だってさ、ゲートが勝手に開いて、ノンストップで通り過ぎれるんだよ。

しごつ(仕事)で会社の車で出かける機会が増えてETCの便利さを味わった。
社用車にはETCが付いているんだ。
そしてカーナビもある。
「音声案内を開始します。」
おいおいしゃべるよこれ。
「300m先左。」
へー!!!パソコンで地図検索してプリンターで出力して、それを見ながら隣人とあっちだこっちだとイライラしながら目的地に向かうのとは違う。一人でハンドルを握ったまま行けるんだ。
もうこれらって車を利用するしごつには欠かせない道具だね。

プライベート車も新しくなった(違う意味では古くなった)ので、何年かぶりにカーショップに足を運んでみたんだ。
驚くね、駐車場は満車だし、整備とかオイル交換などの車も待ちが入ってる状態だ。もちろんここは繁盛店なのだろうけれど、商売が成り立つ程、需要があるってことだ。車好きの人って多いんだね。

店内には所狭しと小さなモノから大きなモノまですんごい種類の品があった。カーオーディオはipod対応となっているし、洗車用洗剤なども種類がありすぎて何を選んで良いのかがわからない。結局安売りのワックスをひと缶だけ購入したよ。

bNX.jpg
俺は釣りをするのだけれど、カーショップは釣り道具屋と似てる感じがした。趣味のものというのは千差万別ということだね。

道具(車も道具なの)に関しては実用主義だから、特にドレスアップはしないけれど、ETCとカーナビは必要だと考えるようになった。さすがにカーナビは値が張るので、本当に必要に迫られるまではあと送りにするけれど、ETCは付けることにしたんだ。

何回か高速道路を利用すると元は取れてしまいそうだし、マニュアルシフト車にはありがたい。出来ればバイクにも欲しいけれど、バイク用は高価らしいからそれはまたいずれ。

オールドカーにETC。なんか不釣り合いな気もするけれど、こいつはカーライフを楽しくしてくれる実用車なのさ。

レイトバン正面.jpg
posted by Johnny-Dee at 19:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄箱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月29日

STOP!

stop.jpg

警察官が道路の端に見えた。「これは取締中だな。」と脳裏にすぐさま浮かんだ。心の準備はオーケー。「うん何の問題もないから大丈夫。」もう一度自分に言い聞かせた。

「ハーイすいません。シートベルトの取締です。」明るい声で赤い旗をふっていいるおまわりさんが車を誘導してくれる。W
俺は素直に車を測道に滑らせて、警察官が近づいてくるのを待った。

「シートベルトの取締です。免許を拝見させて下さい。」と若そうな警官。
「うむむ、若い警官か」と思ったがすぐに「えーとですね、この車は69年モデルなんです。それでシートベルトそのものが付いていないのですけど・・・」
若い警官の脇から年配の警官が顔をのぞかせる。
「あーそっか。古いんだね。分かった。一応車検証の確認をさせてください・・・そっか、古い車種でシートベルトがないんだね。そこでUターン出来るので行ってください。」

今までシートベルトで捕まった事はないので、測道から出る時にやや緊張してエンストしたけれど無事通過だ。
やっぱり一度体験するまでは多少はドキドキするね。でもこれで一安心。きちんと説明出来れば大丈夫な事が確認出来た。

どんな車かはここをクリックして下さい。

確かにこいつで衝突したら状況は最悪だろう。だから俺はシートベルトが無くて喜んでいるわけではないんだよ。
俺はバイクにも乗る。こちらはヘルメット着用が義務づけられてから免許を取得したこともあってか、ヘルメットを被らないと怖くてバイクに乗れない身体になっているぐらいだからね。

それよりもマナーを忘れた車が増えている事が気になるんだ。「えっ?どうして?」そんな走りやしている人をよく見かけるようになってきた。前に直前にしかウィンカーを動作させないドライバーが増えていることを書いたのだけれど、その他にも色々とある。元タクシー運転手だった年配の方がこぼしていたよ。「自分は歳も取ったこともあるけれど咄嗟のことを予測しながら気をつけて運転しているよ。常識のない運転者が増えて危なくなったからね。」

ほんとうに止めるのはそういうことなんだけどね。



posted by Johnny-Dee at 22:16| Comment(2) | TrackBack(0) | 鉄箱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月28日

釣りたい日誌

turi1.GIF


釣りたい!いやその前に釣りに行きたい!!

思えばルアーでのバス釣りに始まって、フライでのトラウト釣りを始めたというのに、ここ3年くらいまったく釣行していない。

週末と祝日は少年サッカーコーチ。釣行時の相棒である中2になる息子は吹奏楽部をさぼれない昨今なのだ。
会社には釣り同好会のようなものがあって、彼らが釣りの話を楽しそうに話しているのを傍らで聴いていると、もううらまやしくてうらめしくて・・・週末に釣りに行くそうだ。いーなぁ・・・。


ちょっと陽気がよくなってきたので気分だけでもと思い、久方ぶりに釣り道具を出してみる。

fBOlbg.jpg
あんれまぁトラウト用のネットが破けてるではありませんか。釣りに行ってもいないのにね。このランディングネットはオートクチュールなの。といっても試作品なのでびっくり価格ではありません。デザインと質感に惚れてるので、釣れても釣れなくてもこいつはいつも連れて行く。


バス釣りに夢中な頃はルアーの自作をしたけれど、フライフィッシングも同じようにフライ(毛針)も自分で作ると楽しいよ。でも悲しいことに釣れるフライは人から譲ってもらったものだったりする。
気象とかその季節に生息している虫だとか、フライはそういった条件に合ったものを使うと釣れ方が違うのは本当だよ。
tC.jpg
俺はものぐさなのでそういった研究に不熱心で、いつも自分の好みのモノを作ってしまう。形がいいとか、色がきれいだとかでさ。それでもいったん作りはじめると想像力が膨らんできて時間を忘れる。これ至極のひとときなり。


tCbhP.jpg
短めのフライロッドが好きで、画像上段のは3番手2本継ぎで長さが5フィート11インチのグラス製。こいつは少し練習を積まないとラインがまともに飛ばせないので初めての人にはやっかいな代物かもしれない。けれどこれで釣りをするとすごく楽しいんだよ。

下段のは4番手3本継ぎで長さが8フィート1インチ。叩き売りセールで購入したけれど、モノはまずまず。とても操作がしやすくてマルチに使える一本。ロッドケースまで付いていてうれしいぞ。



tCbhQ.jpg
あとは5番手のマルチピースで長さが8フィート。売れ残り商品で、とーってもお安く販売されていたので即ゲットでした。実はこれが一番最初のフライロッドです。近場にある野原や会社の駐車場へ持参してキャストの練習をしたから、これが自分にとっての基準のロッドになっています。
この番手というのはロッドの強さのことで、番手が大きい程、大物をかけても大丈夫ということになる。5番手だと40cmクラスのトラウトに対応出来るのかな。


しっかしさ、釣りに行けてないからって道具のことを書いているなんて寂しいなぁ。
今年は釣った魚の画像をアップロードしたいなぁ。

posted by Johnny-Dee at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月27日

Departure

c.jpg
卒団式の始まりです。

「昨年は息子が卒団したんだよなぁ。」そんなことを思いながら、今年はコーチとして地元少年サッカークラブの卒団式に出席した。

こいつらは負け数の方が圧倒的に多かったけれど、それは仕方がない。6年生の試合に3年生まで入らないと人数が足りなかったのだからね。それを思えばどの試合もよくやったよ。
今年はたった4人の卒団員だ。つまり6年生4人でチームを引っ張ってきたのだから胸を張っていいんだ。

クラブチームに行く子がひとりいる。他の子はどうするのかな?
昨年卒団したうちの息子は中学の部活は吹奏楽部を選び、今も一生懸命続けている。
どんな道を選んでもいい。エネルギーを費やすことは素晴らしいことだからね。

俺から彼らに贈った言葉は単純明快。「勉強もしっかりやれ!」
だって彼らは可能性に満ちあふれているのだもの。


cQ.jpg
お世話になったお母さん方とコーチ、そして後輩達に最後の挨拶。


cR.jpg
人のトンネルの中を通って旅立って行く♪


posted by Johnny-Dee at 08:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 蹴球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月24日

郵便屋さん

oX.jpg

昨年の終わり頃から荷物が積載出来る軽自動車を探し始めていた。
HONDA、SUZUKI、DAIHATSU幾つかのディーラーを廻って営業マンの話を聞いた。どこのメーカーの車も魅力的で、最近の軽自動車の進歩には仰天したよ。

そんなある日、隣町を車で流していた時だった、ふと一件のカーショップに一瞬目が止まった。
んっ?なんだろう今の・・・。
すごくカラフルな色の車が店頭に並んでいたような気がした。なんだかとても気になりもう一度確かめようと戻ってみた。

SUNWIN.jpg

そこはフォルクスワーゲンのオールドカーを扱っている店舗だった。
「ヘー!地元にもこんなおしゃれな車を扱っている車屋さんがあったんだ。」
人って興味が無いとなんとなく通り過ぎているものが、興味を持ったとたんに視野に入ってきたりするんだね。だから男の人はきれいな人を見かけるとつい・・・。

y[QoX.jpg

実は軽自動車を探している時にワーゲン仕立てにしている車を見かけてから、フォルクスワーゲンに興味を少し持つようになっていたんだ。荷物を積めると言っても仕事専用ではなくて、日常の足として使うわけだし、どうせならば楽しい車にしたいと思っていたんだよ。

俺がその店で最初に目を引いたのは鮮やかなエメラルドグリーンで塗装されたダブルキャブ。すっごくマニアックな世界の車だと感じたけれど、現代の洗練されたデザインの車よりも自分には合っているような気がした。
正式にはその車はフォルクスワーゲンタイプ2というのだそうだ。ちなみにタイプ1がビートルと呼ばれいてるまるっこい乗用車のこと。科学特捜隊が飛ばしているモノとは違うからね。

_uLuE.jpg _uLu.jpg

ワンボックス系のタイプ2はダブルキャブの他にも窓がたくさん付いたバスがあったり、キャンピングカーがあったり色々なスタイルがある。(後で分かったことなんだけどさ。)

俺は車を熱心に眺めていたのだろうね。「店長がもし良かったら乗ってみますか?」と聞いてきたので「ハイ」と返事をした。乗ってみると言っても助手席だよ。左ハンドルのマニュアル車をいきなり運転なんて、器用な俺様でも?危険だからね。

_uLu^].jpg ダブルキャブエンジン.jpg

バタン!といういかにも「おらぁ鉄板」ですというドア。
えっ!?うっそぉーてな感じで沈み込むビニールシート。
エンジンの存在を主張する太いエキゾーストノート(排気音)。
独特の窓形状から見えるいつもと違う景色。
不思議な乗り味にふと遊園地の乗り物が浮かぶ。
この日からフォルクスワーゲンタイプ2(VW type2)の事が頭から離れなくなってしまったみたいだ。

オートマチック、パワーステアリング、エアコンディショナー、電動ウィンドウ、集中ドアロックなどなど快適装備に慣れ親しんでしまった現代人にとってはとても縁遠い車。
重たいステアリングとブレーキペダル。電動という装備はワイパーぐらいしかない。ウォッシャーだって手動式だ。
当たり前のようにエアコンはない。あまり効かないヒーターが付いてるだけ。

この手の車の予備知識はまったくない。けれどそんな知識なんて必要ないさ。いつの頃からだろう?俺はスペックにこだわりを持たなくなっていたんだ。
バイクもエレキギターやアンプもそうだ。パソコンは多少スペックは気になるけど、それでもマックならいいや。ってなもんだ。要は相性(フィーリング)なんだ。

決めた。今乗っている車が車検を迎える時期が目前に迫っていたことも決断に拍車をかけた。
店長の人柄が良かった。KISS大好き店長で、学生の頃はバンドでギターをやっていたそうだ。今もポールスタンレーモデルを所持しているという。これは決定的だね。KISS好きに悪い奴なんていないのさ。
ちなみにこの店にはKISS人形が三体置いてあって、それらはボタンを押すとダンスしながら歌うんだ。

車を見るとボディー周りはサビがちらほら出ていて、穴があいているところもあった。1969年生まれだからね。そりゃ無傷なんてありえないでしょ。
「この穴はなんとかなりますか?」「なんとかします」「よろしくお願いします。」から3ヶ月が経過したある日telが。

「完成しました。ハッキリ言ってすっごくいい出来です。お渡しする前に2時間ほどいただきたいのですけれど?」
店長自らが整備して満足出来る仕上がりだというのだから、あのボロ状態がどう変わったのか?期待に胸が膨らんでくる。しかしだ2時間って何だろう?聞き返してみる。
「えっ?2時間ですか?」
「ハイ、安全に乗っていただく前に、説明と練習をしたいんです。」
「れっ練習ですか?」

一通りの取り扱い説明の後、交通量の少ない場所へ行って練習の開始です。

そんなに練習しないといけないのか?と不安な気持ちでクラッチペダルを踏んだ。そしてフロアからのびているシフトレバーを説明されたように1速に入れる。アクセルを少し煽りながら慎重にクラッチペダルを離して行く。
車がゆっくりと前へ進み始めた。
「うわー上手いですね。」
「そっそうですか?」
直進、減速、右曲がり、左曲がり、最後にバック。
「流石ですね。練習は必要ないですね。」
「・・・ニヤリ」

聴いたところによると、この車に初めて乗る人はまともにスタートさせられないのだそうだ。
独特のギア比率。重めのハンドル。4輪ドラムブレーキ。
現代の車しか乗ったことが無い人は少なくとも1時間位は練習が必要らしい。ということはさ、俺ってかなり古い人ということだね。W

じゃぁちょっとだけお見せするね。
出逢った頃はダブルキャブかバスタイプと思っていたけれど、使い勝手を考えてバンタイプを選ぶことにしたんだ。そしてこの色だ。まるで郵便屋さんでしょ。浦和レッズを応援するにはぴったしのカラー。

CgoE.jpg Cgo.jpg
ワーゲンバスは初期のアーリーバスと中期のレイトバス、そして後期のヴァナゴンでスタイルが違う。こいつはレイトバスのパネルバンというのだそうだ。


Cgo^].jpg
ありがたい右ハンドル仕様だけれど古い車なのでシートベルトがない。
法律が制定された当初はめんどくさいと思っていたけれど、装着することに慣れちゃうと無い事が怖く感じるんだよね。安全運転を心がけないと。


CgoGW.jpg
空冷水平対抗エンジン。リアエンジンリアドライブ。元々はポルシェ博士が開発したんだよ。ポルシェの原型だね。


Cgo.jpg CgoAV[g.jpg
ベンチシートの6人乗り。バンだけれど乗用車登録なので、わざわざ見合うリアシート探してくれました。これとてもお気に入り。


CgoAV[g.jpg
さてこれからこいつで何を運んで行くのだろう?
ハンドルを握っていると嫌な事を忘れてしまうそんな車なんだ。
だって一生懸命ステアリングをきらないと曲がらないんだもの。W

マクドナルドのドライブスルーに入った。
「マックシェイクのバニラのMをください。」
「ストローを差していいですか?」
「あっ!?ダメです。持ち帰ります。」
だって片手運転なんてムリ。
それでも運転しながらこんなに楽しいのは久しぶりさ。




車屋さんを紹介します。
VW PRO SHOP SUNWIN EASTです。
おしゃれなお店で、なんといっても店長が素敵だ!

SUNWIN?.jpg SUNWINX.jpg
ワーゲンの事ならどんな相談にものってくれて、ありとあらゆる部品を探してくれる。俺はカスタマイズはしないけれど、そういったことももちろん出来る。



すぐに動かせたけれど、バックでの車庫入れはさすがに難しいよ。

こんな時代にのんびりと走って行くかな。('J'D/
posted by Johnny-Dee at 23:06| Comment(8) | TrackBack(0) | 鉄箱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月23日

あれから

毎日ギターを弾いている。そして新しいメンバーを集めて原っぱでバンドみたいなことをやりだしたよ。うちの息子なんだけどさ。

そんな光景をみながら俺もちょっと昔を思い出した。
エレキギターとアンプを手に入れてバンドを組んだ。
そのエレキとアンプを担いだままバスを乗り継いで、友達の家によく行ったっけ。それは家に行くというよりは、すぐ近くの河川敷まで電源ケーブルを引っぱり、アンプを地面に転がして、ドラムセットを組んでのバンド練習だったのさ。

息子は音楽イベントに出演してからかなりの刺激を受けたのだと思うんだ。
イベントの大トリだったLaugh Partner(地元の若者達でCDも出してる)と打ち上げを同席していたこともあるし、打ち上げの翌朝のことだけど、関西からやってきたkeiという謎のおっさんハードロッカーとワっスぃと名乗るこれまたおっさんスライドギターの名手が、原っぱで練習していた彼らを得意の眼力でねじ伏せて、楽器をむんずと取り上げて、強烈なサウンドを八潮の街に轟かしていったことに感化されてしまったようなのだ。

それ以来息子は毎日ギターを弾き、原っぱでセッションを繰り返している。
あまりに寒空の中にいるものだから彼は風邪をひいた。
しかし翌日も懲りずに学校を休むのを幸いに部屋でギターをかき鳴らしている。


今日もどこかでギターの音が聴こえてる♪
posted by Johnny-Dee at 08:15| Comment(8) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月22日

見てみて

2007年3月17日 埼玉県八潮市の生涯楽習館で音楽大好人間が集まって開催した無料チャリティーコンサート<第三回もっともっと音楽を楽しむ会>は今回プロカメラマンの長島氏(アコースティックの二人組で出演もされました)に様々なシーンを撮影していただいております。
その一部を公開(アップロード)したのでご覧ください。


ガヤ
ガヤ
ガヤ
ガヤ
「おはようございます。え−それでは皆さんステージ前へお集まりください・・・」
.jpg Q.jpg
ステージはCranked Sprockedsの泡盛父さんをリーダーに組上げられて行く。
泡盛父さんの統率力には恐れ入る。声はでかいし、身体もでかいし、圧倒されてしまうのだ。


「うちら何したらいいの?」
R.jpg
初めてのイベント参加であたふたしながらもプログラムづくりとポスター貼りをする中学生ばんど(SOUL)と高校生ばんど(nicorin)のメンバー達 と 主催者のゆきお氏(黒い服の人)


ドックン
ドックン
ドックン
ドックン
ドックン

.jpg cВ.jpg
いよいよ開演です。バックヤードでピリピリと緊張する中を、来賓の方々よりお言葉を賜ります。さすが人生経験豊富な方達なので、場にほどよいしまりと落ち着きがもたらされてとても良い雰囲気です。ありがとうございました。
(左の方はやしお生涯学習まちづくり財団の松田理事長。右の方は埼玉県では有名なライヴハウス《HEAVEN'S ROCK》の黒田社長様です。今回は後援を引き受けてくださいました。)


「さあ気合いだぁー!!!」
Kiram Commando.jpg  
一番手、露払いという大役を仰せつかったバンドはこいつらだ。
アルティメットR&Rでショーバンド“Kiram Commando”
ヘイ!ブラザー達よ、サブロウせんせ(ドラマー)の兄弟仁義を聴いたか?
左からブーサン、俺、サブロウせんせ、EC(Eroc Clapton)

ドキ
ドキ
ドキ
ドキ
SOUL.jpg
前半2番手はうわさの地元中学生ばんど“SOUL”だ。
魂をこめたグラマラススカイでの熱唱!かっこ良かったぜい♪
俺の息子(エレキギター担当)も頑張ってたな。



ニコニコ
ニコニコ
ニコニコ
ニコニコ
nicorin.jpg
3番手はこれまた初ライヴという高校生ばんど“nicorin”
期末試験をばっちしクリアして出演可能になったので、ニコニコ笑顔で登場だ。最高に汗臭い4人組さ。青春バンザイ♪



「うしっ!いくぞ!」
Cranked Sprockets.jpg
はっきり言って前半の目玉だろ“Cranked Sprockeds”
親父&お姉様方の演奏をバックに、堂々と歌い上げる中学3年生は、とんでもない歌唱力の持ち主だった。俺は聴き惚れて司会を忘れちまうところだったよ。
この歌姫のおとうさんは青いシャツを着てギターを弾いている人。
そして泡盛父さんは左側でベースを弾いている人ね。


ーーーーーここまでが前半ね。20分程の休憩後に後半がスタートする。
20
19
18
17 「ちょっとトイレにいってくるね。」
16
15
14
13
12 「のどかわかない?」
11
10
9
8  「キラムコマンドーのバンマスってジョニーデップみたい!」W
7 「そういえばこんどパイレーツ オブ カリビアン3公開するのよね。」
6
5
4 「・・・ふぁふぁふぁっくしょん。失礼」
3
2
1 「始まるよ。」
GO!
ゆきおとみっちゃんといさおさんとななちゃん.jpg
いつもダークな衣装を身にまとう“ゆきおとみっちゃんといさおさんとななちゃん”後半は前半と打って変わって静かな幕開けだ。
ここのリーダーゆきお氏がこの音楽会の主催者(発起人)なのだ。



「わるい、ちょっとカメラ撮影を代わってくれるかな、出番なんだ」
長島G.jpg
後半2番手の“長島グループ”だ。今までの画像はすべてこの長島氏(左)が撮影してくれたものなんだ。これはご本人が写っているから別の人が撮られたのだと思うけどね。W 撮影だけでなくて、歌うまいですよ彼。それから右の青木氏はギター上手いです。和製サイモンとガーファンクルみたいだった。


「関西方面からお客さんが来てるはずなんだけど見つかった?」
Claim.jpg
黒いイメージでスタートした後半。やはりここにも黒いおっさんがいた。“Claim”の皆さんです。その名の如くあのロックの殿堂入りを果たした“CREAM”の曲をバシバシキメテくれましたぞ♪


そして大トリは、すでに先日ブログでも紹介させていただきました。“Laugh Partner
埼玉の八潮というローカルな土地から、メジャーを目指している熱い奴らなんだ。音だけじゃなくて、すっごくいいハートを持っている。
Laugh Partner.jpg



そして影の功労者の皆さん。音響&照明ブースだよ。
この方達がいなければ何にも出来なかったよ。
皆さんありがとうございました。
u[X.jpg
(あれッ!?なぜか俺がいるぞ。なはははははん、俺も後半は照明マンとしてめっちゃ頑張ったんだもん!)


*関係者の皆さんへ
これらの画像の他にもかなりの枚数があるので、CD(DVD)を用意したいと考えております。ただ長島カメラマンは卒業シーズンということもあり、たいへんお忙しくされています。少々お時間をいただきたいのでよろしくお願い致します。
posted by Johnny-Dee at 09:00| Comment(8) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月19日

Laugh Partner

love life.jpg

豊作を祝う農民のごとく、俺たちは楽しかったのだと思う。

地域社会への貢献をうたい文句の無料チャリティーコンサート。
ローカルな街のローカルな場所での街おこしの火種になろうと。
まるで学生時代の文化祭のようなハンドメイドなイベント。
<第3回もっともっと音楽を楽しむ会>成功だろ!


気遣い、心遣い、準備、段取り、フォロー・・・反省しだせばキリがないさ。
「まったくしょがねぇなぁー」と何度漏れただろう。それでも今回は悪くなかったと思うんだ。なぜなら関わってくれた皆の顔が笑っていたからさ。

ありがとう!
どこでどれだけの方々が何をしてくれたのかはつかみきれないけれど、だれもが笑顔で終われたことは各々が各々出来る事をしたという証。
打ち上げでは、ハプニングや失敗談は泡とともに舞い。自画自賛は美酒といっしょに讃えられた。かどうかは?だが、とにかく俺たちはやり遂げた。

そして、今回はやったぁー!!!俺たちキラムコマンドーの画像がある。前回は俺自身がにわかカメラマンも兼ねたから自分達の画像がまったくなかったからうれしいーのだ!
でもちょっと・・・せっかく腕の良いカメラマン(プロカメラマンの長島氏。グループでも出演)に撮影していただいてるのに被写体が・・・だってどう見てもこれ阿波踊りだろ。
写真は嘘つかないんやな。次回はカメラ写りを考えてダンスの特訓だな。

M^[Johnny.jpg LR}h[.jpg

K1-ASAMIさん ありがとう!
AOKI Daizenさん ありがとう! 
SOUL(中学生ばんど)ありがとう!
nicorin(高校生ばんど)ありがとう!
Clanked Sprockets(泡盛父さんばんど)ありがとう!
ゆきおとみっちゃんといさおさんとななちゃん ありがとう!
長島G(長島訓幹&青木義人) ありがとう!
Claim ありがとう!
Laugh partner ありがとう!

TOPの画像は、第二回に続いて今回も出演してくれたLaugh Partnerが11月に出したCDジャケットなんだ。地元のメンバーで結成されたいいバンドだよ。このCDは彼らのHPから購入出来るのだけれど俺はその場で買っちゃった。W
八潮駅で路上アコースティックライヴもやっているそうだよ。本当に心から音楽を愛している彼らにはがんばって欲しいな。俺たちの子供達が君たちを目標にするような素敵なバンドになっておくれ。そして八潮という街のためにもね。
これからはタグを見せるように、わざとシャツ裏返しに着るのが流行るかもしれないぜ!W
Laugh Partner=笑いの仲間達。今回のブログのタイトルに勝手に使わせてもらっちゃったし、音楽家リンクにも入れちゃったけれど笑ってくれているかな?



ということで、素敵な笑顔を皆ありがとう!!!
posted by Johnny-Dee at 16:58| Comment(10) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月16日

セットリスト

0317.jpg
今回音楽会に参加してくださるクレームのワっスぃ氏が作成してくださったポスター。
今朝はちらちらと八潮の空から雪が落ちてきましたが、いよいよ明日が<第三回もっともっと音楽を楽しむ会>の本番です。寒さを吹き飛ばす熱い日になりそうです。


オリジナル曲ばかりなのであえて公表しなくてもと思いながら、皆さん発表されているようですし、
<いきなりクライマックスだぜR&Rでショーばんど“キラムコマンドー”>
が披露する曲をこそっと教えちゃいます。W

1曲目 赤いBODY
これは○供ばんどのファーストに入っていた酩曲。

2曲目 シャバ
オリジナル。ライヴで演奏するのは初めてなの。軽快なビートで突っ走る!

3曲目 ウーマン・レスラー
オリジナル。ジャガー横田復活!この曲も復活!女子プロレス万歳!の歌。

4曲目 Brother humanity
やっぱり日本の心を忘れちゃいけないね。うちのサブロウ先生が歌いまふ。

5曲目 乾いた風
オリジナル。ROCKバンドがJAZZるとこうなるの。やっぱ変だよこれ!

6曲目 OVER THE RAINBOW
オズの魔法使いというよりもオヤジの魔法使いだなこりゃ。歌:ブーさん。

7曲目 Empty Road
オリジナル。確かにあれは・・・今年つくった曲だと思うのだけれど・・・

持ち時間が20分間ですが7曲です。すごいでしょ。制限時間内でクリア出来るかどうか?ちょっとスリリングです。皆さんからブーインをいただかないようにとっととがむばります。


メンバー紹介の時間がないかもしれないので紹介します。

ドラム:サブロウ先生です。
真面目に塾の先生です。子供が大好きという反面、車クラッシャーでもあります。乗りつぶした車の車種と数を聞くとびっくり!
なかなか弁が立ち、そのトークは女性心をくすぐるみたいです。

ベース:ブーさんです。
同じ小中学校に通っていたというながーいながーい付き合いをさせていただいております。この歳になって開けたものがあるみたいで、ベースを指で弾けるようになるのが目標だそうです。

ギター:E.C(Eroc Clapton)
もうそのプレイスタイル、楽器、動き、その呼び名の通りです。おしゃべりをあまりしない分をギターがまくしたてます。どんな環境でも自分の音を出してしまうという特技はブラボー!です。

ギター&声:Johnny-Dee
バンドメンバーの方々の才能に支えられているにも関わらずバンマスを気取っています。でもそれでいいのです。能ある鷹は爪を隠すものです。あっ!意味はき違えてますね。まぁそんな奴です。W

一番手なので14:20出陣予定です。お時間があれば遊びにきてください。

さぁ気合いだぁ!!! (‘J’D/
posted by Johnny-Dee at 10:04| Comment(4) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月15日

SOUL

JAMES BROWN.jpg

ちょっとかっこいいじゃん!
これは今週末土曜日に地元で開催する音楽イベント<第三回もっともっと音楽を楽しむ会>に初参加する中学生ばんどのグループ名なんですよ。

では彼らのセットリストを発表しますね。

1曲目 GLAMOROUS SKY
映画【NANA】の主題歌ですね。これかっこいい曲だよ。出来るのかなぁ。

2曲目 タモさんの日常
オリジナル!? こやつらオリジナルなんてつくれるの?しかも初ライヴで演奏するらしい。度胸があるなぁ。

3曲目 タイヨウのうた
ドラマ【タイヨウのうた】の挿入歌。
うーんとどういう曲だったっけ?聴けば分かるかなぁ。

4曲目 Oh My Darlin’
中ノ森バンドの曲? えーとですね、すいません近頃の曲は俺よくわからないっす。

とまぁ一応ね。今練習の真っ最中だそうで、場合によってはどれか削除されるケースもあるらしいよ。そりゃ高校受験があって卒業式があって練習する時間なんてほとんど無かっただろうから無理もないよね。
でもとにかく初ライヴだし、こういうフレッシュなバンドが参加してくれるというだけでうれしいよ。

皆、応援してあげてな!!!  出番は14:50予定です。
posted by Johnny-Dee at 12:49| Comment(6) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月14日

オフ・ザ・ボール

オフザボール.gif

Jリーグが開幕してまた楽しい時間が増えたけれど、俺は最近応援している浦和レッズ以外の中継はあまり観なくなっているんだ。それはTVで観るサッカーが以前より面白いと感じなくなってきたからなんだよね。試合のレベルは上がってきているし戦術だって研究されてきている。問題はそこなんだ。せっかくの戦術がTVだと分かりづらいんだ。専門用語ではオフ・ザ・ボールの動き。それが知りたい。

旗日と週末は少年サッカーの指導をしている。指導とは言っても有資格者ではないのでお父さんコーチの延長みたいなもの。元々は息子が在籍していた少年サッカーチームだったのだけれど、息子が卒団した今も子供達を相手にしている。
低学年ではフォーメンションは理解出来ないけれど、3、4年生くらいから少しづつ意識出来るようになる。考えるようになってくるんだよね。ポジションの取り方、マッチアップの仕方etc。そして5、6年生になると戦術的なことが見えてくる。動きも流動的になってきてゲームの中で色々な仕掛けを試みるようになる。技術も身に付いているからテクニックやスピードがある子になると我々も止められないくらい上達するし、視野も広がってきて簡単に裏を取られることもざらになってくる。隙をつかれる度に上手くなったなぁなんて感心する。

いっしょに練習してきた6年生はもうすぐチームを離れる。うちは小さなチームなので卒団者は4名だ。中学生になってクラブチームへ入団する子もいるし、うちの息子のようにあらたな道を選択する子もいる。どの道であれ忘れてはいけないのはオフ・ザ・ボールの動きなのかもしれないね。




posted by Johnny-Dee at 20:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 蹴球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月13日

出演順番だよ

第三回もっと音楽ホ?スター.jpg

<第三回もっともっと音楽を楽しむ会>の出演順番が決まったよ。
ひとつのバンドの持ち時間は約20分です。

第一部 14:00開演 

1、キラムコマンドー
子供から大人まで楽しめるR&Rを目指している親父バンド。
今回の聴かせどころはなんといっても先生(ドラマー)のヴォーカル。
とブーさん(ベース)のヴォーカル。ふぉっふぉっふぉっ。

2、中学生ばんど (SOUL)  (14:50)
初ライヴの最年少ばんど。地元中学校の吹奏楽部が中心になって結成。
キャワイイ女の子達が一足早い桜吹雪をまき散らしてくれる。
ちなみにこのバンドでギターを弾いている少年の親父は俺なのだ。

3、高校生ばんど(nicorin) (15:20)
これまた初ライヴ。こちらは男所帯ゆえに正攻法にまっすぐ突き進む姿が気持ちいい。若さにまかせて弾けまくるぞ!と言いたいところだが、期末試験の成績によって親御さんとの間で出演交渉がこじれるらしい・・・試験頑張れ!!!

4、クランクスプロケッツ (15:50)
ロードレーサーで日々鍛えあげている身体は半端じゃない、酸いも甘いも知り尽くした親父軍団+超プリチーな女性陣の組み合わせが楽しい。
ここには親子で出演しているメンバーがいる。それは誰なのか当ててみよう!

第二部 16:30開演
1、ゆきおちゃんG
ライヴハウスで磨いてきたテクニックは本物だ。ピアノにバイオリンとギターが織りなす調べにゆきおちゃんの歌が絡むとそこは不思議な世界。
聴けば聴く程に酔うとはこういうことなんだねぇ。

2、長島G        (17:00)
二人組。その他の情報がまったくない。蓋をあけてのお楽しみということらしい。何を演奏してくれるのだろう???
演奏には直接関係はないかもしれないけれど長島氏はプロのカメラマン。

3、クレーム       (17:30)
リコールのために今回は無料で演奏してくれる事となった。ただしやり直しではなく、新たな新風を巻き起こす意気込みだ。彼らこそ我々不良中年の鑑。サプライズを期待しちゃう!

4、ラフパートナー   (18:00)
平均年齢20歳。地元期待の星となる日は近い。八潮にもこんなバンドがいることを知って欲しい。多くを語る必要はないだろう。とにかく俺たちの音を聴いてくれ!


さてその<第3回もっともっと音楽を楽しむ会>の会場です。

日時:3月17日(土)14:00開演(終了18:30)
場所:やしお生涯楽習館(大ホール150名収容)
住所:埼玉県八潮市鶴ヶ曽根420-2 TEL048-994-1000

アクセス:無料駐車場あり
http://map.yahoo.co.jp/pl?lat=35%2F49%2F10.0&lon=139%2F50%2F32.4&layer=1&sc=3&mode=map&size=m&pointer=on&p=&CE.x=340&CE.y=98

電車+バス:東武伊勢崎線  草加駅東口から八潮駅北口行き
    つくばエクスプレス 八潮駅北口から草加駅東口行き
    生涯楽習館停留所下車(約1分 目の前の建物)

無料ですがチャリティなので入り口に募金箱が設置してあります。
収益は地域の社会福祉と文化活動などに寄付しますので、もしよろしければご協力ください。

出演するのは地元八潮(埼玉)を中心に音楽を心から楽しんでいる老若男女どもですので、お友達やご家族の方などもごいっしょに気軽に遊びに来てください♪

posted by Johnny-Dee at 19:55| Comment(6) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月12日

臨機応変

<第三回もっともっと音楽を楽しむ会>は今回8バンドが出演する。これはなかなかの大事であり、司会などというものは簡単に出来るものではない。そこで前回と同様にプロの田辺晋太郎さんにお願いすることになっていたのだが、ご本人どうやら祝事と重なってしまい当日の司会が出来なくなってしまったのだ。

イベント開催までは一週間をきっている。いったいどうしたものかと実行委員会にて問題提起するや否や「あなたと私でやりましょう!」とどこからか声が飛んで来た。その“あなた”とはいったい誰を指しているのかと見回したら、その視線の先にいたのはなんと俺だったのだ。ちなみに司会など俺は一度もやった事がない。そもそも人生において司会をやるような機会を持つ人間の数なんて少ないだろうに。

バンドメンバーに急用が入ってしまい、リハ(リハビリ)にいかないと時間が無くなってしまうという、あまりにグッドなタイミングでそんな声がかかったために「わかりました。じゃぁ私とあなたとで」といとも簡単に即答していた自分がいた。
これは幸運なのか不運なのか?いや天命なんだろう。それにしてもだ、今朝から自分達の演奏のことよりも、司会の方が気になって気になって出来ればこのまま貝になりたい心境である。

色んな緊急事態は次から次へと起こるもので、主催の超本人は当日は夕刻より公務が入ったという。確か閉会の言葉は・・・。
彼は今回のイベントの表番長(顔)である。したがってその穴を埋めるのは裏番長の仕事になるわけで・・・。裏番っていうのはさぁ・・・つまり俺か。


ということで皆さん、当日は持ちつ持たれつ臨機応変にまいりましょうね!
「ちなみにあなたと私でやりましょう」の私というのはこちらの方でありまする。


R.JPG
posted by Johnny-Dee at 17:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月09日

あと8日

第三回もっと音楽ホ?スター.jpg

<もっともっと音楽を楽しむ会>開催がだんだん迫ってきてる。

企画&実行委員を兼ねながら出演もというのは、イベントの規模が大きくなるほどにちょっとたいへんかもしれないと思い始めているんです。

仕事中に音楽会の準備で気になる事がちらっと脳裏に浮かぶと、思考回路の7割位がその事に取られてしまうだわ。そしてその気になる事が独力で解決が出来ない場合は即行携帯電話をつかんで主催の張本人へ連絡を入れる。するとだ、なんとそこではまた新たなテーマが発生していて、「エッ!? うへー! ドヒャー!!!そんなアホなはははは」てな事になる。つまり問題というのは片付く量よりも積もる量の方が多いのだね。

そんたらこったもんだでヤベーのだ。当日ステージに立って語るべき歌詞がまんだ覚えられないさ。自作の歌詞だというのにいったいどうしたらよかんべ?ちゃーんと覚えてないままリハ(リハビリ)に入るものだから、通常でさえへっぽこなギタープレイがもうひっちゃかめっちゃかさ。それに合わせて皆はんが演奏するとリズムはどっか虹の彼方へってなことに・・・

この様に演奏における親父の言い訳をしておいたので(これを大人の知恵で伏線を打つといいます)、当日の失敗に関しては、打ち上げの時の酒の肴にして飲んじゃいましょ。

なんだかんだ自分の殻を破ってみたいんだ。
今回のイベントに参加してくれる皆もテンション上がってきてそうだし楽しみだな。
posted by Johnny-Dee at 18:20| Comment(6) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月08日

ありがたい

てづくりを大事にスタートさせた<もっともっと音楽を楽しむ会>は運営資金がない。まだ駆け出しであるので預貯金が出来る余裕も今はない。しかし会場や機材を借りたりポスターを印刷するにはお金がかかる。そこで主旨に協賛していただける企業さまなどから幾許かの協賛金をいただいて運営費に当てることになる。会場のキャパも150名程であるから、企業さまにはスポンサーということではないことを重々承知していただいてのこととなる。

イベントは本番前までの準備がとても重要だ。それさえしっかりしていれば本番ではそうそう問題は起きない。けれども我々のように経験が少ないとほころびはどうしても防ぎきれない。
何事もきっちりとやらなければ気がすまない方にはほんとうにすまないと思うのだけれど、俺はそのほころびがイベントには絶対に必要なものだと実は思っている。今回のほころびは次回には繕えばいい。次のほころびはまた次回にと繰り返して修正して行けば、次第に完成度は高まって行くはず。そうやって熟成させて行くものが本物になるのだと思うからだ。一朝一夕では事は成せない。

ある企業の社長様から「3年続いたら形が見えてくると思います。」と教えられた。その社長のところは軌道に乗るまでに5年の歳月がかかったそうだ。そしてそういう言葉をいただけたことはとてもありがたかった。


音楽イベントだからプロのアーティストをお願いすればお客様は来るだろう。けれど出演料を出してまでプロを必要としたくはない。プロであっても主旨に賛同していただけてボランティアで参加してくれる。これが理想だ。

秋田の地元が生んだヒーロー超神ネイガーのように(お酒まであってびっくらこいた)地域社会に貢献出来たらと思う。そんな日を夢みながらありがたいパイプを少しずつつなげて行こう。

_lCK[.jpg
posted by Johnny-Dee at 13:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月07日

バージョンアップ

キ?タースタント?2.jpg

ということでギタースタンド第二弾!
息子(中1)がまたなにやら友達とトンチンカントンチンカンとやって出来上がったのがこれ。ちょびっと進化してます。




キ?タースタント?2B.jpg

なぜなら、こんどのは携帯に便利な折りたたみ式です。




キ?タースタント?2C.jpg

こんなところにドア用蝶番が利用されています。




キ?タースタント?2D.jpg

ストッパーはヒモ。しかもセロテープで固定。




キ?タースタント?2A.jpg

良く見るとラメ入り塗装仕上げ。
画像だとちょっとわかりずらいですけど。


ネット販売準備中です。なーんてね。
デザインはともかくものづくりは好きみたいだね。ただね後片付けがなぁ・・・



posted by Johnny-Dee at 07:38| Comment(4) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月02日

第三回もっともっと音楽を楽しむ会のポスター

第三回もっと音楽ホ?スター.jpg

画像をクリックすると大きくなるよ。

このポスターはハンドメイドな感じがいいでしょ。と言い訳。W
センスに自信がないからこれ以上要求されても無理なのさ。
出演されるバンドはもっともっとすんばらすいですからね。

それからポスターの下の方をよく見てください。
埼玉県いや関東では名高いライブハウス“HEAVEN'S ROCK”さんの後押しをいただけることになりました。当日は黒田社長もご来場されることになっているので皆さん張り切って演奏してくださいね♪

また今回も出演者として登場されるゆきお氏のヘビィロックバンド“SNAKE CORE GUY”が復活します。
夢の実現に向かって動き出したので、皆さん応援ヨロシクお願いします♪


こんなローカルなイベントからいつか有名バンドが生まれたらうれしいね。だからといって敷居を高くする気はさらさらないよ。ギターを初めて弾いた人でも気軽に出演出来る。そんな音楽会であり続けたいと思っている。
ベテランも素人もプロもアマも誰もが音を楽しむという原点にかえって時を共有する。老若男女も問わないのがミュージック♪
音楽を通してもっともっと音と音が人と人がつながって行けたらいいなぁ。

Thank you!('J'D/
posted by Johnny-Dee at 07:40| Comment(6) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。