2007年09月29日

デバイスアート展

t.jpg

お台場の科学未来館で開催9月30日まで開催されている展示会。
この催しだけならば入場は無料。
未来館で行なわれている他展を観る場合は有料となる(500円〜900円)

電極の付いたヘッドホンを装着し、水の入った水槽を持ち上げる。電極に微量の電気を流してもらうと、あららあれれれ?まるで船に揺られているよう。更にその水槽を持ったまま歩くと、水の揺れといっしょに周りの情景がぐらぐらと揺れる。これは続けていると船酔いしそうだ。

http://www.miraikan.jst.go.jp/j/event/2007/0930_other_03.html

他にも液体磁石、人の進む方向へ階段がつくられる装置など、面白い作品が展示されている。
何かに実用化されるには、もう少し時間が必要なのかもしれないが、現時点ではアートということでの展示会となっている。

科学未来館は最先端技術の情報収集を兼ねて初めて行ったのだが、他にも宇宙や体などをテーマにいくつかの展示があり、とても半日では回りきれない。
日によっては実験が行なわれるようで、当日は超伝導体の実験が行なわれた。15分程度のものなのだが、その不思議な特徴に童心に返って楽しく観察ができ有意義な時間を過ごした。

大人も子供も楽しめるので、いっしょになって遊びながら見聞を広げて行くのも楽しいと思います。
posted by Johnny-Dee at 06:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月21日

電車でGU!

TX 1.jpg TX 2.jpg

こんなDVDを通りすがりの友人から借りました。
さっそくプレイヤーで再生してみます。
運転席から観える風景が画面を流れて行きます。


TX 3.jpg


TX 4.jpg


TX 5.jpg



しばらくすると眠くなってきますた。


ふと気がついたら画像が止まっていました。


どうやら寝過ごしてしまったみたいです。


TX 6.jpg

知らない間に終点に着き、一番最初のメニュー画面に戻っていました。


電車でぐー!というお話でした。
posted by Johnny-Dee at 17:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月18日

海だ!

けつは痛くなるし、手はしびれてくるし、ロードレーサー達は一瞬の風のように脇をすり抜けて行き、買い物チャリの猛スピードおばちゃんに置き去りにされた。

ここは江戸川サイクリングコース。MTBをスタンバイさせて、川に沿って延々と続いているロードを見つめていると、どこまで走ればいいのかわからず、テンションが下がってきてしまったのだ。なんか腹の調子までも悪くなってきた。過敏性腸症候群かもしれない。

MTBとして復活を遂げたARAYA のMUDDY FOX。夏休みには秋田の林道を少々体験してきた。しかも林道走行した際に気になった箇所に手を加えて、更に自分好みに仕上がっているのだ。しかし、ここのところ通勤にしか使用していない。MTBが泣いているような気がして、柴又を出発点に葛西までという目標を掲げてサイクリングをしてみようと思いたったというわけである。
だが、江戸川はずっと先を見ても目に映るのはどこまで続いているのかわからないサイクリングロードなのだ。こんなところを走っていて何か面白いのだろうか?

そうは言っても自転車と戯れることが出来る貴重な時間。今日は土手遊びではなくて、サイクリングロードにペダルを漕ぎ出してみた。

ここは本格的なロードレーサースタイルの人から、普通に歩く道として使っている方まで、利用者の幅が広い。そういう面ではサイクリングコース初心者としては気兼ねがなくて良い。ただ小さな子やお年寄りの方もいるので、事故をおこさないように気を使う。

走り出してみてサッカー、ラグビー、野球、釣り、フリスビー?ラクロス?BBQなどなどそれぞれの楽しみ方をされている皆さんを観察しながらの走行は意外や意外面白いことに気づいた。感動したのはバトンガール達の練習。これは走行しながら観ていると絶対に事故る。W

]@D.jpg ]@.jpg

江戸川の土手周辺というのはこんなに進歩しているのだと驚いた。
地元埼玉を流れる中川周辺は施設としての護岸整備はまだまだ出来てない。
これだけ多くの人々がそれぞれの楽しみ方をされている姿を観ると、有効活用出来る場所として、環境開発事業の中に取り入れて行けたらと思うのだけれどね。市政に提案して行こう。

]@.jpg

初サイクリングは結局途中でロードを間違えて、新浦安へ行ってしまった。それでも40kmぐらい走行はしたと思う。
帰りに柴又でだんごではなくてくずもちを買ってきた。観光バスが来ていて、境内では大道芸が行なわれていたりと、まずまずのにぎわいを見せていたよ。

走行しているうちにお腹の調子も回復。バトンガール達が効いたね。
こんどはお尻が痛くならないようにパッド付きのインナーパンツを用意するよ。

]@C.jpg

途中で見えた東京湾。海が見えるとうれしくなるね。



posted by Johnny-Dee at 19:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月10日

トランスフォーマー

gXtH[}[.jpg

凝りにこったCGが大画面と迫力ある音と組み合わさって、目の前に本当に金属生命体達が存在している感覚になる。


J}.jpgour[.jpg

バンブルビーというロボットが、旧型のカマロから最新のカマロになるところなんて、アメリカ映画ならではの演出でブフっと笑えてしまう。映画を見終わって街に出ると、目の前を走っている車が皆トランスフォームするんじゃないかと錯覚を起こすよ。


CgoX@pbgiCt.jpg

自宅に着いてから、車庫に止めてある69年式のワーゲンバスを見ながら、こいつがトランスフォームしたらどうなるのだろう?と想像してみたよ。
このベビーフェイスぶりと非力なエンジンじゃとても兵士としては役にたてそうもない。ヒトラー時代の産物とは裏腹に平和的な車だから、皆を緩く和ませるような役目が合っていそうだね。バス


posted by Johnny-Dee at 18:10| Comment(4) | TrackBack(1) | 鉄箱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月03日

スクール

スクールで学ぶのは久しぶりのこと。カフェスクール以来なので3年ぶりぐらいになるのかな。

何を学んだかというとMTB(マウンテンバイク)の乗り方です。最初なので初級コースね。受講生は数人くらいかと思いきや小学生とその親御さん達や、単独で大人の方がいたりと老若男女合わせて20人近く。ワイワイと楽しそうな雰囲気のままスタートです。

LR[X}.jpg

時間は休憩を入れて2時間半。内容はブレーキング、凸凹路走行、バンク走行、一本橋走行、スタンディングスティル。
普通に自転車を乗っているのとは違って、それなりに走り方と止まり方があって、思った以上に身体を動かします。週末には少年サッカーコーチや親父サッカーをしているので、多少は走ったり蹴ったりはするのですが、自転車で使う筋肉は違っていて、スクールの最中に足が笑い出していたので、ビリーにも劣らないまずまずの運動量だと思います。

スタンディングスティルというテクニックは、自転車に乗ったままの状態で、その場に静止することなのですが、これは苦手でした。日常でさえじっとしているのは得意ではないので尚のことね。
このスクールには家族総出(三人)で参加しましたが、息子はこれが最も得意の様子。ハンドルから片手を離してノーブレーキで静止してました。これにはびっくり。それはインストラクターが見せ技としてやっていた技でしたからね。
それでも意外や意外なことがあって一本橋では親父の方が勝っていましたよ。

改めて思う程のことではないけれど、自分はサイクリングやクロスカントリー派じゃなくて、アドベンチャー派です。長距離と聞くと溜め息がもれるのに、ギャップとか段差とか見つけるとワクワク感が倍増してくる。どうやって攻めたら良いのか?考え始めるといても立ってもいられない。W


今回画像が少ないのは本人が夢中になって、撮影する余裕がまったくなかったためです。

これからも走りたいので「MTB遊びを始めませんか?」とバンドのメンバーを誘う私でした。

MTBXN[.jpg
唯一の画像。
posted by Johnny-Dee at 18:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。