2007年11月29日

けいたいはどこへ行った?

PHSとの付き合いは長かったんだ。
それもけいたいは持たない派だったので、短命というか人気が怪しいPHSで大概の用事は足りていたんだよ。

PALDIO551S.jpg
第一号機がこれ。機能満載とか言いつつも大きい。

リストモ.jpg
第二号機がこんどはこぶりにリストモ。ジャイアントロボを動かしたり、ウルトラ警備隊が似た様なモノを使っていましたね。
これ使い勝手は悪かったよ。だって通話する際は腕から外さないといけないのだけれど、片腕では外せないんだ。わかるかなぁ。
でもね、研究者がんばってはみたのだけれどといった産物がオレ好きなんだ。

ただどうにもこうにも大事な約束を守らにゃいかん仕事となるとこれらは使えなくて、新たに購入した携帯がこれやった。
mova506i.jpg

しかしな、これは小さくて使いづらいんよ。今も使っているけどね。W
現在も使用しているこのmovaは仕事用にしたので、来年早々にPHSが廃止になることと、今月末に新機種が出たこともあり、プライベート用はFOMAにしてみることにしたんだ。家族割りやら何やら経済的にも得かもしれんしな。
そしていくらオレらが得だと思っていても商売である以上、メーカーは損をしない工夫をしているわけだから、遠慮なく無料クーポンを使って機種チェンジすることにした。


次々と登場する新機種。そして新機能に新らしいライフスタイル・・・
この早い時間の流れがオレをたまに混乱させる。
吸収しきれない莫大な量の情報を至る所で報道を続けるメディア達。
事実はもっと奇でもっとリアルではあるはずなのだろうけれど、現象として通り過ぎて行く事件、事象。
「おい、K.Yって誰のイニシャルなんだい?」
とすっとぼけながらも自分で使っていたりする矛盾するオレがいる。


PHSはPersonal Handy-phone Systemつまり小型電話機網のことだが、
ふと最近漢字が書けなくなっていることが急に気になり出した。
随筆とか詮索とか・・・そういう中学校で習う漢字がわからない。
これはPCやけいたいなどのデジタル製品に頼っているからだよな。

最新のけいたいが今手元にある。
GPSまで搭載されていて多機能にぶっとんでいる。
そういう機能はオイオイ覚えて行けるだろう。
ただこのまま行くと小学生で覚える漢字も書けなくなってしまいそうな気がしている。だってさぁ<けいたい>って漢字で書けるかどうか?
今とっても怪しいんだもの。

P905i.jpg
posted by Johnny-Dee at 22:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月21日

いけばな大賞2007

いけばな大賞2007.jpg

東京都の丸井北千住店のギャラリーで開催されていた<いけばな大賞2007>
いけばなに興味があるわけではないのだけれど付き添いがてら寄って観たのだ。


いけばな大賞作品.jpg

流派の伝統を継承している作品から、現代アート的なものまで、各々の感性を開花させた作品が数十点程展示されていて、いけばなを知らなくとも伝わってくるものがあった。

先日プロフェッショナルでパリコレでご活躍されているヘアデザイナーの加茂克也氏が登場されていたのですが、ヘアデザインに共通するものを感じたなぁ。







posted by Johnny-Dee at 23:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月20日

反省会

昨夜は反省会。
先月に開催した音楽イベントについて。

前向きな意見の交換が出来るのは有意義だよね。
やみくもに時を過ごすことも必要だと思っているのだけれど、集中する時間もまた大切だね。

そういった様々なシーンのなかで生きているのか生かされているのか?
ふとそんなことを思いつつ話は進む。

反省会と聞いて飲み会だねと思い浮かべるのも悪い事じゃないさ。
それも良い方法だと思うから。

そんなおり早速忘年会の話になる。
やはり大人の反省会。W
posted by Johnny-Dee at 13:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月18日

vs6年生

しんどくなって来たよ。小学6年生相手にマジで走らないと追いつけないし、振り切れなくなって来た。
そりゃぶちかましならばまだまだ中学生にも負けないと思う。たぶん。
けど小学生相手にそれはあまりに大人げなくて出来ません。
怪我させたら大問題になっちゃうものね。

というのはね、小学生達を相手に少年サッカーのコーチを週末に行なっているのだけれど、子供達とコーチ達の人数が揃った時などは、ゲームを行なうことがあるんだ。今日は5、6年生を中心とした子供チームvs大人チーム。

走っても疲れをしらない子供達に対して、大人達は心拍数が一気に上昇するので攻守片道分の燃料しか無い。なんてたってコーチ達の平均年齢が他所のクラブに比べて高いのがうちのチームの特徴なのできついきつい。他のクラブだと大学生コーチがいたりするのだけれど、うちは父さん達しかいないの。

小賢しい機敏な動きというのは子供ならではなのかな。
ありんこが自分の何倍もの高さから落ちても大丈夫なように、身体が小さいというのはマイナスだけではないだね。
それを思うと浦和レッズの達也選手とか、ジェフの羽生選手を相手にするのはやりにくいのかもしれない。マラドーナだって小さいしね。

サッカー経験があれば余裕を持って対応出来るかもしれないけれど、オレみたいに経験がないとかなり一生懸命なんだよ。だからって大人なので身体を張るわけにはいかない。技術があれば相手を翻弄できるんだけどね。オレの技術じゃ自分の方がまごまごしちゃうわけさ。W

けどさ身体を動かすのは楽しいし、相手を教えながら自分も学ぶならば6年生を相手にするのはちょうどいいかな。今のところはね。
posted by Johnny-Dee at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 蹴球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月17日

サイクルモード2007

ゲイリー・フィッシャー.jpg
こんな方がサイン会をしておりました。
GARY FISHERのブースでは係の方が「じゃんじゃん写真を撮ってください、ゲイリーは撮られることが大好きなんです。」なんて言うものですからついついシャッターきってしまいました。

サイクルモード.jpg
各ブースには試乗車がたくさんあるのだけれど人はそれ以上多い。
そのピカピカの試乗車でバニーホップとかしている方もいて、そんな高そうなんでやっちゃっていーの?と思ったりするけれど、こんな機会でもないと出来ないかもね。


少しずつ自転車野郎になりつつあるオイラなのでした。

posted by Johnny-Dee at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月16日

タマ

のどか工房 トリ.jpeg

今日の関東はかなり冷え込んで、秋が深まってきたことを感じさせてくれた。

ガラスのかけら(モザイク)を巧みに操って素敵な作品をつくるアーティストがいる。
その彼女だが、多摩ニュータウンで<暮らしのクラフト展 in パルテノン多摩>という展示会に出展しているというのでふと訪ねてみた。
http://blogs.yahoo.co.jp/kurasinocraft/4378204.html

最近の彼女の作品は海系からかわいい動物系の作品が増えたような気がする。これはもしかしたら子育ての影響かもしれない。
(あっ!バラしちゃいかなかったかな?)
でもさ、まだまだ乙女でいたいという年齢ではないはずだから許してくれるだろう。


そのパルテノン多摩も紅葉が鮮やかで、多摩というところはどこを見ても緑豊かなところなのだと感動したよ。

タマにはこういう時間もいいもんだね。

タマ 紅葉.JPG

<暮らしのクラフト展 in パルテノン多摩>は11月17日まで開催してます。もしお時間の都合がよろしければ寄ってみてください。
素敵な作品が数多く展示されてます。


posted by Johnny-Dee at 20:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月15日

REDS

REDS メダル.JPG
埼玉県民の日の夜のことだった。
アジアのクラブチームのチャンピオンを決める試合が、埼玉スタジアムで開催された。
決勝に残ったのはイランのセパハンと浦和レッズ。
前回はセパハンのホームで精一杯の試合を行い1−1という結果で終えていた。
今回は浦和レッズのホーム。

浦和レッズの熱狂的なファンではない。
サッカーはブンデスリーガの1FC ケルンに在籍していた奥寺選手の活躍をどこかで期待していたそんな子供だった。
ベッケンバウアーが好きで、Jリーグが始まった頃はリトバルスキーに注目していた。
Jリーグではジーコも選手として復帰し、アルシンドとコンビを組んで、鹿島アントラーズを引っ張った。ラモスやカズや北沢はヴェルディ。
レッズの福田はエースなのだが怪我が多かったっけね。

サッカーが好きなのだ。
Jはビジネスとしても成り立つようになってきたのだろう。
安定してきたJを感じてサッカーファンからREDSファンになったらしい。

ということでREDSファンとしての歴史は浅い。
知り合いには三菱時代からのファンもいるが自分は違う。
ブッフバルトが選手として登場し始めてから好きになったのだと思う。
自分にとってギドはベッケンバウアーと重なるところがある。

南米スタイル、カテナチオ、イングランドサッカー・・・
これといって好き嫌いはないけれど、個人技よりもパスサッカーが好きなのはドイツサッカーの影響かな。

試合の結果は2−0。
気迫がこもり緊張感が漂っていた。
日本選手ではゴン中山が好きで、気迫みなぎる選手に魅力を感じる。
そしてレッズにはギドから田中マルクス闘莉王に鈴木啓太。
気迫を伝えてくれる。あふれすぎてたまにミスもあるけれど。

この試合ではワシントンに代わって出場した岡野の懸命なディフェンスに心打たれた。これがチーム!
試合に出場できなかった小野に山田も含めてWe are REDSと言うべきか。

REDSのファンになりたてで申し訳ないけれど、ほんとに素晴らしいクラブチームになってきたのだと感じます。
ACミランとの対戦を実現して欲しいね。

ありがとうREDS!
posted by Johnny-Dee at 11:31| Comment(4) | TrackBack(0) | 蹴球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月14日

動画

Youtubeが大流行りアップロードする民が増えてきたね。
詳しくはないけれどポッドキャストというのも流行っているのかなぁ?

ブログには静止画というか単なる画像のアップロードが精一杯だったので、動画のアップロードには手を出さずにいたのだけれど、周囲の方々が我先にとはじめたこともあって挑戦してみました。
今のご時世はWeb上に説明があるもので、ちゃんと読んで順を追えば、そう戸惑わずに出来るんだね。

seesaaブログにはポッドキャストがあるのだが、もうひとつ動画については不明な点が多かったので、バンドのブログを主に載せているアメブロにアップロードしてみたんだ。
http://ameblo.jp/kiram/entry-10055178186.html

調子こいて、WarcraftというPCゲームのクレジットもアップロードしてみました。
http://ameblo.jp/kiram/entry-10055344824.html

動画にはmpeg4やらAVIとかなんとかいくつかの形式があるんだね。
なんとなくしか分からないけれど、なんとなく分かったのでアップロード出来る形式に変換をした。
変換する無料ソフトを探しもした。
探したソフトは海外の方の手によるもので、かなり適当に英文の単語だけを訳しながらざっくり理解するのに2時間程かかったけれど。W

でもさほんと動画をアップロードしている方々はよくやると感心する。
俺はここまでやってめんどくさくなっちまったよ。
そもそもビデオカメラで撮った動画ってそう何回も観ないからね。

今回のアップロードはイベントで何かを残せたという自分たちへの褒美かな。
もし次をやるとしたら、他人様が観て「わぁー」とか「うへぇー」といった声が思わず上がるような楽しいものをアップロード出来たらいいのだけど。

バンドの方は4分ぐらいあるので、興味がある方は観てやってください。
posted by Johnny-Dee at 12:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

多摩霊園にワーゲンバス

多摩霊園とワーゲンバス.jpg
小学3年生の夏まで東京の練馬に暮らしていた。
そのために先祖の墓地は多摩にある。
埼玉県民になった今も墓地は移してはいない。

墓参りに行くにもちょっとしたお出かけとなるのだが、首都高や外環が空いていれば1時間ちょっとで着く。
国道20号から墓地へまっすぐに入る沿道は桜並木になっている。
墓地に用事がなくてもここを通るだけで感動する。
一度桜吹雪の中を車で通過したことがあったが、紅白のトリにでもなった気分が味わえる。

園内は子供の頃は気味が悪いものだったが、四十も越えれば見方が変わる。
風情はあるし緑が豊富で落ち着くので心地よい。
「枯れ葉よ〜」と口ずさむかどうかは別に、秋のこの時期はちらほらと紅葉が見れる。

江戸川乱歩、三島由紀夫、山本五十六など著名な方々の墓もあるらしく探索してもよいかもしれない。
39万坪というあまりの広さにその気はなくなると思うけどね。
posted by Johnny-Dee at 09:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄箱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月12日

ほんの、ちょっとだけ。

構図を考え始めるとシャッターがきれなかったりする。

商売にされていないとは思うのだけれど、ブログに素敵な写真をアップロードされる方々がおる。そんな中に俺好みの画像を載せている方がいてね。被写体、色、アングルどれも抜群のセンスを感じてるんだ。
<ほんの、ちょっとだけ>紹介しときます。


俺はロックミュージックが好きで、青年時代は何を聴いても素晴らしいと感じた。
それが今ではどうだろう?
奮えるような音楽に出逢わない。
ロックは出尽くしたとも言われているけれど、自分の感性が乏しくなっているようにも感じるんだよ。

シーナ&ロケッツの鮎川さんはロックを自由にやるために大学へ行き、そしてプロになった。
俺はバンドを続けたくて推薦されたにも関わらずある業界に就職しなかったことがある。感性があちこちに向けられる時期に舞台やTVなどの仕事を選択していたら何か違う人生があったかもとたまに思う。

素敵な写真を撮る人の感性に触れてそんなことをまた<ほんの、ちょっとだけ>思い出しちまったよ。
posted by Johnny-Dee at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月09日

にゃんにゃんとわんわん分析

ある人の日記に出てましたん。
やってみたらこんなん猫ちゃんが出てきはった。

にゃんにゃん.jpg

http://seibun.nosv.org/neko/



ほんでな、わんわんもあったんでやってみたらこんなんや。

わんわん.jpg

http://seibun.nosv.org/inu/
posted by Johnny-Dee at 19:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。