2008年05月11日

セーット!ハットハットハット!

「セーット!ハットハットハット!」
マイアミ・ドルフィンズ、ピッツバーグ・スティーラーズ、ダラスカウボーイズ、デビルバッツ・・・
さてこれらはいったい何なのでしょう?
即答できる方はこのスポーツを少しでも知っている方だと思います。

デビルバッツは“アイシールド21”というアニメ世界の架空のチームだけれど、本場アメリカのフットボールチームは30チームを越える。その中にサンフランシスコ・フォーティナイナーズというチームがある。ゴールド地にSFという文字を描いたロゴマークはTシャツなどでどこかで見ているかもしれない。
 49ersヘルメット.jpeg


アメリカンフットボールを略してアメフト。
学生時代は興味があって怪我をしない卓上アメフトゲームを自分で考えたものだった。実際のスポーツとしては全身をプロテクターで覆い、頭にはヘルメット装着だから、ものすごく激しい競技だよね。

そのプロテクターはオートバイのレースでも使用するのだけれど、その昔アマチュアのレースに出場していたことがあって、使っていたことがあるんだよ。
プロテクター2.JPG
ちょっとかっこいいでしょ。
明日のために怪我をしない安全第一ライダーだったので、装備だけはちゃんとしてたんです。W
今はエンジン付きではなくて人間動力の二輪車でポタリングする程度なので、プロテクターの出番は無くなっているけれど、もしかしたらいつかダウンヒル(自転車で山道を滑降してくる)をする日が来るかもしれないので、何気に保管しているんです。

その自転車(マウンテンバイク)をね。またまたちょっとだけ弄くってしまったんだ。そうなんです最近すっかりMTB(マウンテンバイク)野郎なんです。
そしてそれはこんな風になりました。

ハイエナイナー49er.JPG だるま自転車.jpg
イメージはだるま自転車。MTBをだるま自転車風にしたらどうなるのかなぁ?という好奇心のなせる業です。一般的なライダーの方はまずやらないと思うタイヤの組み合わせ。

前輪が29インチ、後輪が24インチなので名付けて49er(フォーティナイナー)です。
自転車屋さんが見ていたら、この邪道ぶりに教育的指導を受けてしまうでしょう。けれども素人だけにどうなるのか?知ろうとしたいのです。これでちょいと走ってみたんだけど、すんごく面白い。
ウィリーもどき、つまりフロントアップがいとも容易く出来てしまいます。簡単に後ろにひっくり返れる。テクニックのある人だったらウィリーでガンガン走れるでしょう。
砂タイヤ1.JPG タイヤ跡.JPG
それとこのブロックのタイヤときたら砂地でも自転車を前へ進めてくれるのです。オートバイじゃないから汗びっしょりになるんですけどね。
ハイエナイナー砂丘2.JPG


これはあくまでお試し仕様なので、通常は息子のMTBにこのリアタイヤをセットして、自分のハイエナイナーに息子のMTBに装着していたリアタイヤをセットすることにしたのです。

MULLET 46er.JPG

息子のMTB(GARY FISHER MULLET)。いい感じでしょ。
このマシンはブルーメタリックという色も洒落ているんだよね。
本人はこのタイヤの組み合わせがかなり気に入って、ルンルンしながら学習塾へ乗って行きます。

「セーット!ハットハットハット!」

posted by Johnny-Dee at 08:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。