2008年05月23日

見せつけられたぁ!魅せられたぁ!

リーガ・エスパニューラ、ドイツブンデスリーガ、イタリアセリエAなど各国のリーグ戦の中でも、ここ最近はプレミアリーグの質の高さが少し抜け出ているのかもしれないね。
すべての試合を観ているわけではないので、あくまで日本で放映されている範疇での話なので全般的なことはわからない。ただ今回のUEFAチャンピオンズリーグ戦を観る限りでは、そのハイレベルな攻防に引き込まれてしまう。

昨年は浦和レッズがAFCチャンピオンズリーグの覇者になった。そのレッズはプレシーズンマッチなどで過去にマンU(マンチェスター・ユナイテッド)と対戦はしているけれど本気のマンUとの対戦はしていない。勝負にこだわったマンUやチェルシーに、日本のJリーグチームはどこまでやれるのだろう?
ふとそんな事を考えてしまうのは、日本人だからなんだろうね。W


UEFAチャンピオンズリーグ決勝戦は延長戦まで戦い抜いて1vs1。
そしてPK戦で明暗を分けたクリスティアーノ・ロナウドとジョン・テリー。その胸中ははかりし得ない。ただここまで来た道のりのすべての力をかけたこの試合は、本場のサッカーを“これでもか”というくらい見せつけられたし、魅せられてしまった。


c.ronaldo.jpg ジョン・テリー.jpg
posted by Johnny-Dee at 07:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 蹴球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。