2008年05月24日

ジャンゴ

ジャンゴ.JPG

目にもとまらぬ早撃ち。
弾丸をも切り裂く剣技。
連射するガトリング銃。
裏切り、復讐、艶、金、愛・・・
マカロニウェスタンには無くてはならない要素をジャパニーズアレンジした映画といっていいのかな。“スキヤキ・ウェスタン・ジャンゴ”

ある山村の埋蔵金をめぐって平家(赤組)と源氏(白組)の落人の抗争の中に登場するひとりのガンマン。赤組と白組のどちらにつくのか?
黒澤明監督の“用心棒”をベースに作られたマカロニウェスタン“荒野の用心棒”を彷彿させる。
ジャンゴとは“続・荒野の用心棒”のフランコ・ネロが演じた主人公だったね。棺桶を引きずって登場してくるシーンは印象深い。

過去の名作のマカロニウェスタンの名シーンを随所に取り入れつつ、全編英語というところが斬新。遊びも所々にちりばめられていて笑ってしまう。

エンディングで流れる北島三郎の歌う『ジャンゴ〜さすらい〜』これは泣ける。
原曲を日本語に替えて、スパニッシュギターをバックに切々と歌い上げてくれるんだ。若輩者の自分などが語るのはなんだけど、サブちゃんは年齢を重ねるごとに歌が上手くなっていると思う。

ジャンゴ 平家&保安官.jpg ジャンゴ 源氏.jpg

この映画は色んな要素が含まれていて、その感覚がアニメ“銀魂”に通じるように感じたなぁ。
銀魂 銀さん.JPG

ガンプレイはかっこ良かったし、ファッションはロックぽくて、刺激的でシンプルに面白かった映画です。


自分が映画を観る時に参考にさせてもらっているブログがあるのです。
『私的電影小窓』
映画の楽しみ方の参考になるかと。
posted by Johnny-Dee at 06:45| Comment(4) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。