2007年08月31日

楽しく走る

オレのMTB(マウンテンバイク)は息子のMTBと約16年の差があります。ちなみに息子とは年齢差はもっとあるのですけどね。W
それはそれとして、時代が違いコンセプトが違うところから生まれてきた車種ゆえに当然性能は異なるのだけれど、息子のMTBが林道(荒れた路面)を走りやすくてちょっと驚いたんだ。

息子の車種はGARY FISHER MULLET 2006年モデル。アルミフレーム。
MULLET.jpg


オレのはこれね。
MUDDY FOX.jpg
ARAYA MUDDY FOX 1990年モデル改(Fサスに変更)。クロモリフレーム

その走りやすさのイチバンの要因というのはたぶんハンドルの長さや取付け位置が違うということだと思ったのです。
ハンドル幅はMULLETが710mm、 MUDDYが580mm。かなり違う。
ハンドル位置についてはジオメトリーそのものが違う。

自転車乗り人口というのは相当増えているようで、パーツ価格を調べるのにネットを探しをしてみたらとんでもない種類と数がある。こうなると何が良いやら情報が有りすぎて分からない。値段もピンからキリまで。しかもこの数年のバイク知識は皆無。こういう時はショップに聞け!となりますね。

人から多趣味と言われることがあるのですが、他にギター(バンド)、釣り、サッカーをしています。
ギターと釣りは道具を使います。サッカーは身体を使います。自転車は道具と身体を使うわけで、これは性格上ハマっても仕方がありませんよね。W
もうひとつ忘れてはいけないことは何をするにも頭を使うということです。
特にMTBとなると遊び心がいっぱい詰まっています。

バンドにせよ、釣りバカにせよ遊びをよく思わない世間体ってまだどこかしらからちらほらありますよね。そんなことにうつつを抜かして何になるの?みたいなね。
けれどどうなのでしょう?
おとなしくて真面目だと言われていた方が大事件を起こしてしまったり、自らの命を絶ってしまったり、そんなニュースは絶えることがありません。自分自身を表現することは現代人にとっては必要なことだと思うのです。
例えは悪いかもしれませんが、キャバクラやソープなどH系の店を無くしたら性犯罪が増えてしまうでしょ。

昨年からお世話になっている自転車屋さん<自転車かん>さんのHPに『最近、マウンテンバイクで山遊びしてますか?』というキャッチコピーがあるのだけれど、この文句はやられちゃいました。
夢中になってギター弾いたり、ルアーを投げたり、ボールを蹴ったり、自転車に乗ったりしないとね。もちろん仕事が生き甲斐ならそれは素敵なことですよ。

ということで話は脱線しまくって、つまらぬ話があれよあれよと長くなってしまいましたが、楽しく走るには心身がリフレッシュ出来るようにこだわった方がいいじゃん!なんですね。
そんな金があればとか、そんな時間があれば、と自らに制約を課さないで、多少のお金と時間を費やしてみる。ちょっとした旅行みたいにね。
posted by Johnny-Dee at 19:44| Comment(0) | TrackBack(1) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

DVD付 これからはじめる!! アコースティッ
Excerpt: まだギターを買って間もない初心者です。他にも4冊程入門書と呼ばれるものを購入しましたが、この本が一番とっつき易いです。内容としては、解説部分はコードに関するものが殆どでアルベシオはほんと数ページ程度、..
Weblog: バンドの1日
Tracked: 2007-10-07 22:45
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。