2008年04月18日

懐中電灯

太陽公園 雨.JPG

太陽公園上空もどんよりとしている。関東地方は昨日から雨が降っている。
雷鳴が轟き、雨風が吹き荒れる夜にいきなり屋内の電気が切れる。
一昔前ではそんなことが起こるのはめずらしいことではなかったし、これが町区内レベルとなると復旧にも時間がかかるので、懐中電灯というのは常備品として存在していましたね。暗闇は人間にただならぬ恐怖感をもたらす。そんな時に一条の光にパァッと照らされるとホッとしたものでした。

懐中電灯 点灯.JPG

昨今はライフラインが充実してきていて、水道も電気も一時的に途絶えても復旧スピードが増している。そのため災害に対する認識度が疎かになってきている感があるのかもしれない。ちょっと前に中学生の親を対象に、災害危機に対するアンケート調査を行っていたのだが、非常時の備品を用意している家庭がほとんどなかったのだ。地震災害など非常時の実体験を持たない関東地方の住民は、もしかすると多くがそうなのかもしれない。

非常持出袋.JPG

それでも懐中電灯という代物は自分にとっては特別な物のようなのだ。そこにあるとすごく安心するのである。そのためか、いつ何時にでも点灯するようにと用心深く電池の残量チェックは怠らないでいる。一種のトラウマなのだが、悪い方でなく、良い方に働くのでウマトラと呼ぶのかもしれない。
光ある所に道が開けるのである。(o^―^o)v


posted by Johnny-Dee at 06:43| Comment(4) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
電池+手動発電可の、懐中電灯+蛍光灯+ラジオ+携帯充電器を常備しているワシが来ましたよw
一家に一台オススメです。
Posted by わっすぃ at 2008年04月18日 11:09
用意周到なわっすぃさん

はれまぁ携帯への充電も出来るとは万能ですねぇ。もすかしてぇそれってば、おもちゃのパトーカーのサイレンみたいにクルクル回す取っ手が付いていて、ウーウー唸りながら蓄電するんじゃぁないですか。W
Posted by Johnny-Dee at 2008年04月18日 16:46
わあ。準備いいですね。
ちゃんと、やっとかなきゃと思いつつ
いつの間にか何年も経ってしまう。
いかんいかん。

太陽公園とやらの写真
カワイイです。
Posted by misssa at 2008年04月18日 19:56
misssaさん

いかんなぁー。ブーフーウーのブーさんじゃぁありませんか。
オオカミさんの息吹でわらの家は飛んでいってしまいますぜ。W

誰が呼んだか太陽公園。雨の日も風の日も雪の日も、もちろん晴れた日もぼくらの太陽公園!
Posted by Johnny-Dee at 2008年04月18日 22:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/93763699
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。