2007年04月27日

ハイヨー シルバー!

[W[.jpg

CL400.jpg 

帰って来ましたぜい!我が愛しの鉄馬(オートバイ)が。
鬼の100回キック(始動はキックのみなんだわ)でもうんともすんとも言わなくなってしまった我が鉄馬。埼玉県の八潮市(人口78,000人)ではNo.1といわれているバイクショップ《EAST GARAGE》で車検を兼ねてドック入りしてたのでした。
えっ!?そのバイクショップの何がNo.1なのかって?それはこんなモノを製作販売している怪しげな親父に聞いてくださいませ。W

east_garage-W.jpg east_garage-W2.jpg


シルバー(CL400)がドック入りの間は、同じH技研工業で製造されたスクーター(フリーウェイ)にのってましたん。ここ数年の間に街で見かけるスクーターはおしゃれと言いますか、かっこいいですよね。我々が若者だったころビッグスクーターはとっつぁんの象徴だったのですが、今は若者の代名詞になっていて、そういうバイクに親父が乗る方がむしろ抵抗があったりします。

t[EFC.jpg

フリーウェイは悪くないスクーターですよ。大流行りのフュージョンと同じエンジンを積んでいるのですが、車格が一回り小さいのでチョロチョロ乗れる250ccなんです。
仕事とプライベートでパソコンを使うので、毎日ノート型パソコンを職場と自宅で持ち歩いているのですけれど。このスクーターのシート下にある大容量ボックスがたいへん役立つのです。それと正面の大型シールドは雨の日には重宝します。



BOX-1.jpg BOX-2.jpg

そんな事からシルバー(CL400)の荷台に取付けられるボックスをリサイクルショップで見つけてきました。得意の超格安!お買い得!!に惹かれて即購入。早速取付けてみました。
ちょっと車体には似合わないかもしれないけれど仕事と割り切れば気にならない。これならば買い物だって便利です。

BOX-アンテナ.jpg
ダミーのアンテナまで付いている。


会社と自宅間でパソコンを持ち歩いているのは俺だけのようで(仕事熱心だよね!)パソコンで作成した資料を持って、朝「ハイヨーシルバー!!」と会社へ出発する。7時頃にはタイムカードを押してコーヒー入れて、自分のデスクで社内LANにPowerBookG4を接続。自宅で作成してきた資料をひもといていると、唐突にブログのテーマが浮かんだりする。まいったなぁーなどと思いながらも忘れないうちにブログを早々に作成してしまうのね。

いったいどこまでが仕事でどこからがプライベートなのか?とは思うけれど、得意先などで長い時間を油売りしている誰かさん達に比べればアップロードなんて数秒で済んでしまうのよん♪

そもそも遊びがへたな人はしごつの段取りも悪いの。これたぶん本当だと思う。
そして俺の知っている凄い奴らは遊びをしごつへ、そしてしごつを遊びへと結びつけてしまう。こういう連中はちょっと世間からは外れた目で見られてしまうのだけれど、少子化の世界では貴重な民族だと思うよ。だってセックス好きは頭の良い人が多いというデータがあるのだもの。セックスレスが多くなってきている日本男児はマジで頭が悪くなってきてるかも。W

今日もシルバーにまたがってしごつにプライベートに飛び回る。あくまでシルバーにまたがってだから勘違いのないように。W
俺にとってはこのライディングタイムはとーっても気持ちええひとときなのです。

それにしても調子いいよ。さすが東洋が誇るバイク屋さんだけの事はあるネ。
皆さん《EAST GARAGE》をよろしくネ!

eg.tenpo.jpg


posted by Johnny-Dee at 19:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 鉄馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月09日

俺、参上!

denbird.png

かっこ悪いが第一印象だったので、あまり期待をしなかったけれど、これ(仮面ライダー電王)ちょっと面白そうです。ここまでライダーシリーズが続くと、子供向けのような、大人向けのような、相変わらず若いお母様向けのような、受け狙いのような様々なモノが混ざってはいるのですけどね。

俺、幼少を様々なヒーローが誕生した時代を過ごして来たものだから、この手の作品にはいまだに弱いらしい。ライダーシリーズだけでなく、ウルトラマンシリーズも気になってついつい留守録して観てしまう。メビウスには先日レッドキングにゴモラが登場して、もう懐かしくて感激だった!

リニューアルした仮面ライダーシリーズではクウガと響鬼がけっこう好きでした。ウルトラマンシリーズはなんといってもティガなのだけど、異彩を放つゼアスは俺の中で別格だったり。

しばらくやめていた週刊JUMPをまた買い始めてしまった。
こりゃぁヒーローに憧れる日々が当分続きそうです。

では俺、退場!
posted by Johnny-Dee at 20:41| Comment(6) | TrackBack(0) | 鉄馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月09日

ライダーズ・トリップ

大脱走.jpg  イーシ?ーライタ?ー.jpg

オートバイへの憧れの原点って大脱走のスティーヴ・マックイーンとイージーライダーのピーター・フォンダだったなぁ。だからバイクを購入しようとする時は、オフロードかアメリカンかどちらにしようかなって迷っていた。
迷っていたわりには最初に手に入れたのは250ccのマルチエンジンを搭載していたSUZUKIのバンディッドというバイクだった。それを選んだ理由は多分、山川健一さんという小説家のライダーズ・ハイに影響を受けたからだと思う。
このバイクは交差点で止まる度にアクセルをあおって頭をとらなければいけないという宿命が与えられていたようなプレッシャーが常にあって、次第に乗る事に疲れていってしまったんだ。だって、僕が中型の免許を取得したのは30歳の声を聞いた時だったのですからね。既に頻繁に信号グランプリをする年齢じゃなかったのでありますよ。

色々な映画のシーンで活躍するバイクを見る度にやっぱバイクはいいなぁって思いながら、道なき道を走るというのが自分スタイルなのだと気づくまでに4台程乗り継いだ。その間にエンデューロレースというオフロードの耐久レースに挑戦したこともあったんだ。

RM80.jpg

アメリカンは今も憧れだけれど、アクティブに動ける方が自分らしい。それに革ジャンや革パンやGベストでファッションをバッチリきめた自分を想像するとずいぶんと無理があって可笑しくなってしまうんだ。おしゃれをしなくても気軽に乗れるバイクがいいのだ。


CL400.jpg

HONDA CL400は単気筒。けれど振動も大きくないし、操作はとてもしやすい。エンジンスタートがキックのみというところがしんどいと感じる時があるけれど、バッテリーがやばくても大丈夫なのでありがたい。
消音マフラーの取付け位置が見た目には格好良いのだが、かなり高い位置にあるので、二人乗りすると後部に座るのは窮屈だろうな。けどバイクは一人乗りで走らせる事が好きなので気にしないことにしている。もしどうしても二人乗りしなければならないシチエーションに出逢ったら、アメリカンにすれば良かったと思うかもしれないけれどね。

バイクは気分にシビアに反応する乗り物だと思う。天候や体調の具合で亀さんになったりウサギさんになったり、そしてごくたまになんだけれどシンクロする。その時は駿馬になる。コーナリングの最中にそれは実感出来る。よく言う乗れているという感覚。
きっと幾つかの要因がベストに近い状態の時にそれは起こるのだろうけれど本当の理由は分からない。

感覚的なモノって好きだ。生活はもちろん大事なので、やらなければいけない事がたくさんあるけれど、人生の一部をそんな時間に使うのも悪くない。





banner_02.gif人気blogランキングへ

posted by Johnny-Dee at 22:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 鉄馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。